陸王 TBS 日曜劇場 原作 池井戸潤 - 果てしなき空に向かって

自由形式

陸王 TBS 日曜劇場 原作 池井戸潤




陸王 TBS 日曜劇場 原作 池井戸潤

原作は、『小説すばる』(集英社)2013年7月号から2015年4月号までの連載。

2016(平成28)年7月8日金曜日からは、集英社より単行本として発売...。


それから、約1年3ヶ月余の歳月が流れて...。


10月15日日曜日より放送開始か...。

あの福澤克雄演出・八津弘幸脚本で、TBS日曜劇場『陸王』が、いよいよ...。



舞台は、埼玉県行田市にある、創業100余年の老舗足袋製造会社「こはぜ屋」。

ただ、従業員20名の零細企業のために、悲しいかな内情は四苦八苦と創意工夫の日々にあって...。

主人公は、四代目社長・宮沢紘一。

折しも、近年の業績低迷と資金繰りへの苦悩深まる真っ只中にあって、これまでの長きにわたる足袋製造の技術力を活かして、窮地を打開すべくして、「裸足感覚」を取り入れたランニングシューズの開発を思いつくことになったものの...。

社内にプロジェクトチームを起ち上げてほどなく、資金難、人材不足、大手スポーツメーカーからの嫌がらせや思わぬトラブルなどのあらゆる試練に晒されることになって...。

それでも、あきらめることなく試行錯誤を続けながら、ランニングシューズの開発へと突き進むことに...。

その過程においては、紘一はもちろんのこと、周囲を取り巻くあらゆる人たちの群像、ますます目が離せなってしまうんだろうなあ。


どの仕事であっても、苦境に立ち、もがき、苦しみながらも、さまざまな人たちからの後押しとありがたみに恵まれれば、時には大きなリスクを伴う挑戦をしてでも、仕事に抱いた夢の実現させたくなるもので...。


この胸が熱くなる描写と展開の連続による高まり...。

かの池井戸潤原作でも、TBS日曜劇場でも、良い意味で変わらないでほしいと、強く願いたくなるのは、自分一人だけかなあ。



肝心の配役を見渡せば...。


主人公・紘一を演じるは、仲代達矢主宰の無名塾にて、無名の新人ながら急進的に頭角を現わして巣立って以来、紆余曲折を経ての重鎮に上り詰めた役所広司。

息子・大地を演じるは、2015(平成27)年3月30日月曜日より放送のNHK朝ドラ『まれ』で、ヒロイン・希(土屋太鳳)の幼なじみで同級生そして夫となる紺谷圭太を好演したイケメン俳優・山ア賢人。

末娘・茜を演じるは、2011(平成23)年の第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』での審査員特別賞を受賞してから久しく、2014(平成26)年9月13日土曜日より公開の周防正行監督・脚本による歌とダンスを交えたエンターテインメントあふれるミュージカル映画『舞妓はレディ』の主人公・西郷春子を初々しく可憐に演じた上白石萌音。

そして、物語の鍵を握る実業団ランナー・茂木裕人を演じるは、先の4月3日月曜日より放送のNHK朝ドラ『ひよっこ』で、ヒロイン・みね子(有村架純)の初恋相手、佐賀県鳥栖市出身の代々製薬業を営む大企業社長の長男で慶応ボーイ・島谷純一郎を好演したイケメン俳優・竹内涼真。

さらに、「こばせ屋」を支援する埼玉中央銀行行田支店・企業融資担当の坂本太郎を演じるは、あの人気アイドルの総本山である(?)ジャニーズ事務所所属ながらも、独自性を見い出そうと、性格俳優・総合俳優への磨きをかけ続けてゆく風間俊介。


ますます気になってしまうなあ。

重鎮と若手イケメン俳優と人気ヒロインと人気アイドルくずれ(?)などが織りなす、仕事へ突き進んでゆく人間模様と達成感への高まりが...。



あの2015(平成27)年10月18日日曜日から12月20日日曜日まで全10話放送のTBS日曜劇場『下町ロケット』の感動の高まりから、約1年10ヶ月余か...。


この度の『下町ロケット』シューズ版のような作風、どのような結末へと導いてゆくことになるんだろうなあ。

タグキーワード
陸王 TBS 日曜劇場 原作 池井戸潤カテゴリの最新記事
2017-10-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます