松たか子 満島ひかり 高橋一生 松田龍平 悲喜劇 相乗効果 カルテット - 果てしなき空に向かって

自由形式

松たか子 満島ひかり 高橋一生 松田龍平 悲喜劇 相乗効果 カルテット




松たか子 満島ひかり 高橋一生 松田龍平 悲喜劇 相乗効果 カルテット

として、何度も何度も繰り返し堪能することになるんだろうなあ。


7月7日金曜日発売のDVD/Blu-rayの購入とともに...。


あの2017(平成29)年1月17日火曜日から3月21日火曜日まで全10話放送のTBS火曜ドラマ『カルテット』を...。


土井裕泰製作総指揮兼演出曰く、本放送当時の主流である「白黒はっきりとした解かりやすさ」のあるドラマではない「多様性」あるドラマの楽しみを伝えたいとのことで...。

それを濃厚に描写するかのように、あの数々のヒット作を手がけた坂元裕二脚本の完全オリジナル作品ならではの期待通りの展開が...。


ましてや、かの4人の人気・実力申し分ない演技派俳優の演じる主要登場人物から発せられる、独特の言葉と一挙手一投足に凝縮されているだけに...。


松たか子演じるは、主人公で第一ヴァイオリン奏者・巻真紀(まき まき)。

満島ひかり演じるは、チェリスト・世吹すずめ(せぶき すずめ)。

高橋一生演じるは、ヴィオラ奏者・家森諭高(いえもり ゆたか)。

松田龍平演じるは、第二ヴァイオリン奏者・別府司(べっぷ つかさ)。


事実、毎回のエンディングで流れることになる、かの4人の歌うドラマ主題歌としてのDoughnuts Hole名義「おとなの掟」(作詞・作曲:椎名林檎、編曲:斎藤ネコ・椎名林檎)が象徴するように、ドラマで標榜する「ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような大人のラブストーリーとヒューマンサスペンス」、回を増すことにますます深みに入ってしまう夢見心地に...。


まさに、あの数々のヒット作を手がけた坂元裕二脚本の完全オリジナル作品ならではの期待通りの展開が...。


あのカラオケボックスで"偶然"出逢うことになった、女ふたりと男ふたりは、全員30代。

ふとした成り行きからカルテットを組むことになって、長野県北佐久郡軽井沢町のとある別荘で、ひと冬の共同生活を送ることになったものの...。

4人すべてが、夢の叶わず、人生のピークに辿り着くことなく、ゆるやかな下り坂の前で立ち止まったまま...。

いろいろ思うことあるらしく...。


その証拠に、細部にまでこだわりの脚本と演出、そして真骨頂と言うべき巧みな会話劇には、良い意味で中毒性あって、しかもかの"偶然"には、大きな秘密が隠されていて...。

恋・涙・笑い・秘密・嘘の入り乱れ交錯する巧妙な会話のやりとり、最後まで聞き逃せないくらいに深みにハマってしまって...。


そして、あの終盤へ...。



『カルテット=クァルテット』

[イタリア語(quartetto) = 四重奏・四重奏団・四重唱・四重唱団]


音楽はもちろん、ふとしたことで出逢うことになってからの人間模様が濃厚であればあるほど、あらゆる意味において心に浸透するものだから...。


(語弊ある言い回しですけど...)

「嘘も方便」という諺に象徴されるように、"良い嘘"がかえって事態を好転させることにもつながるかもしれない? といった邪念にかられてしまいそう???

タグキーワード
2017-03-15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます