小豆島 エキストラヴァージンオリーブオイル 1st ORIGIN 新緑果実 - 果てしなき空に向かって

自由形式

小豆島 エキストラヴァージンオリーブオイル 1st ORIGIN 新緑果実






小豆島 エキストラヴァージンオリーブオイル 1st ORIGIN 新緑果実

末永く堪能しててゆくことになるんだろうなあ。



まず、【1st ORIGIN エキストラヴァージン オリーブオイル(275g)】が...。


まさに、「生で! そのまま飲める! オリーブオイル!」そのもの...。

適熟の果実を採油したオイルで、その爽やかで果実ならではの香りと食味を、生サラダへのドレッシングはもちろん、パンにもつけられるし、調理油としての肉料理や魚料理にも使えるし...。

精製処理なしでの使用ゆえ、青リンゴのような香りがそのままなのが、嬉しいや。


余談ながらさかのぼること、かの明治維新以来、「文明開化」「和魂洋才」といった考えや生活様式の交錯する中でのこと、小豆島におけるオリーブ産業の起こり...。

あれは1908(明治41)年、試作のためにオリーブを植えたところ、小豆島の気候風土がスペインのによく似ていることが幸いして、日本国内で唯一の栽培に成功したことが、そもそもの始まりで...。


やがて、 現在の香川県小豆郡小豆島町西村甲に、民間として日本初のオリーブ園『小豆島オリーブ園』が、1919(大正8)年に開園...。

以来、特産物としての製造販売が継続することになって...。



次に、【小豆島 オリーブオイル 新緑果実 エキストラヴァージン オリーブオイル 200ml】と【小豆島 オリーブオイル 新緑果実 エキストラヴァージン オリーブオイル 120ml】が...。


安田甲の『高尾石材』所有の「小豆島オリーブ農園」から...。


栽培から加工そして品質までオリーブのすべてに精通した職人、すなわち小豆島の"カタドール職人"によって、スペインの契約農場から厳選して、毎年の収穫から早摘みした青い果実(緑果)だけで搾った一番搾りのエキストラヴァージンオイル...。

果実の栄養素をあますことなく凝縮した低濾過仕上げゆえに、果実本来の苦みもあり少し濁っているものの、若草のような香りの辛口な味わいが、特徴...。


結果として、「OLIVE JAPAN 2013 国際オリーブオイルコンテスト」金賞受賞の快挙...。


もちろん用途は、先の【1st ORIGIN エキストラヴァージン オリーブオイル(275g)】と同じ...。



どちらも、オリーブの実から直接採取。

オイレン酸、ポリフェノール、スクワラン、ビタミンEなどの、健康や美容への有効成分が多く含まれているために、健康への影響の懸念とされるトランス脂肪酸と飽和脂肪酸はなし。

美味しいご馳走を堪能しつつも健康増進が可能とは...。

末永く大切にしたいもの...。



瀬戸内海は地中海に似ているのかもしれないや。


長年の紆余曲折を経ての現在、小豆島における国産オリーブオイル生産量は、全国シェア90%以上に...。


なお、1989(平成元)年には、ギリシャのミロス島と姉妹島提携。

気候風土が似ているスペインのどこかの町と、姉妹都市提携ということはないのかなあ。


2013(平成25)年には、離島振興法による離島振興の対象地域に...。


末永く活性化すること、祈りたいなあ。


1950(昭和25)年3月15日、昭和天皇が小豆島でオリーブの種をお手撒きされたことへの敬意から、小豆島の「オリーブを守る会」が1972(昭和47)年に制定することとなった、3月15日の「オリーブの日」とともに...。

町立の『小豆島オリーブ公園』とともに...。

タグキーワード
2016-01-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます