西原理恵子 佐藤優 本 とりあたま大学 世界一ブラックな授業!編 - 果てしなき空に向かって

自由形式

西原理恵子 佐藤優 本 とりあたま大学 世界一ブラックな授業!編




西原理恵子 佐藤優  とりあたま大学 世界一ブラックな授業!編

5月29日金曜日に発売...。

『とりあたま大学 世界一ブラックな授業! 編』(新潮社)として...。


"サイバラ"こと西原理恵子が、またまた魅せてくれるとは...。

何と意外にも、"外務省のラスプーチン"の異名を持つ、在ロシア大使館三等書記官、外務省国際情報局分析第一課主任分析官などを歴任した、佐藤優とのコラボレーション...。

すなわち、佐藤優がコラムを書き、西原理恵子がそれにヒントを得てブラック漫画に仕立て上げるといった手法。

いかに、"外務省のラスプーチン"かつクリスチャンと言えども、こうも明け透けに心の内を吐露しないものであるはずなのに、あの強面の面構えから想像できない正直な人だったとは...。


肝心の内容は、2013(平成25)年から2015(平成27)年までの時事問題が中心。

STAP細胞騒動、炎上する朝日新聞、佐村河内に号泣県議といった香ばしい人々、アナ雪、ピケティ、妖怪ウォッチ大ブームなどを、マンガとコラムでメッタ斬りするといった描写に関しては、さすがにあまりにも下品だけれど...。

それでも、かろうじて悪気を実感することないのは、どん底を生き抜いてきたゆえなのか、心の奥底に響くものがあるもので...。


特に、高須先生ネタ。 ポンポン出てくるとは...。

「3億無駄遣いするなら、その金を奨学金に回せ」


たしかに、子どもの貧困というものは、国家の成長を妨げてしまうもので...。

戦争のない国を目指す心積もりで、国を挙げて生まれ来る子どもたちを幸せにしなければ...。

ただ、方法としては、いろいろと考えさせられてしまうことも、事実..。

ジレンマは大きいや。



お恥ずかしながら、西原理恵子と佐藤優とのコラボレーション、これで4度目とは初耳で...。

コラボの内容を占める講義のレベルは東大以上、かつ両教授による毒と笑いが売りであるとのこと。


これまでの3冊分も振り返ってみたくなったなあ。

混沌とした将来を、よりよく生き抜くための心強さを保ち続けるためにも...。


シリーズとして、末永く継続してくれることを祈って...。

2015-05-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます