おかんメール 面白い 本 母の愛 誤字脱字 破壊力 - 果てしなき空に向かって

自由形式

おかんメール 面白い 本 母の愛 誤字脱字 破壊力






おかんメール 面白い  母の愛 誤字脱字 破壊力

まさに凄まじいや。


『おかんメール』制作委員会編集の扶桑社発行。

2014(平成26)年5月10日土曜日発売の『おかんメール』。

同年9月27日土曜日発売の『おかんメール 2』。

2015(平成27)年1月31日土曜日発売の『おかんメール 3』。


毎年恒例の5月中旬の母の日の実感の強まりつつあるからか、思い切って大人買い。

時系列に目を通すことになってたものの、ついつい何度も読み返したい衝動に駆られてしまった。

それだけに"母の愛"の"破壊力"は、面白いもの。


ただ、電車やバスといった公共の交通機関、都市や市町村の庁舎や、病院の待合室などでは、危険物になりかねないや。

あまりにも爆笑でのた打ち回りそうだから、端から見れば挙動不審者とみなされかねないかのよう。

それゆえに、一番のオススメとしては、とにかく気分を明るくしたい、中年太り特有のタルミきった腹筋を鍛え上げたい、気分転換の一つとしての"頭の体操"をしたい、という時に限るだろうなあ。



全体を通して振り返ってみれば、失礼ながら、いかに子どもとの連絡のためとはいえ、母にとって携帯電話の使用に関しては、いつまでも初心者のまま???


かの「おかんメール」について...。

共通する基本的な特徴としては、おもに3つ。


メールの件名と本文と宛先を見直さないまま送信する。

"っ"や"ゃ"といった小さい言葉や濁点やカタカナなどが苦手。

それでも愛情たっぷりである。


以上を念頭に置かなければ、"母の愛"というものを理解できないんだろうなあと、不覚にもいくらか悶々としてしまって...。

しかし、決してイヤイヤではなく、面白いし破壊力抜群なものだから、ついつい何度も目を通したくなってしまう。


肝心のメールを例に挙げるとすれば、ありとあらゆる誤字脱字のオンパレード...。


「びよよよんへ行きます」(正しくは、美容院)

「元気ですか?お母さんは絶倫です」(正しくは、絶好調)

「いま神と化してるから待ちなさい」(正しくは、髪とかして)

「カミーカットに行ってきます」(正しくは、髪をカット)

など意味のかろうじて解かる内容もあれば...。


「小学校、占拠しているから来なさい」(正しくは、選挙)

「おばあちゃん食べた?」(正しくは、おばあちゃんとごはん)

などのテロリストまがい(?)のシャレになりそうもないメールまでも...。


多少の良し悪しはあるものの、「久し振りにお母さんに連絡しよう」と、つい思いたくなってしまうのは、不幸中の幸いかもしれない???



いずれにせよ、母の日へのプレゼント、というよりは、ここ最近目立ちつつある(?)"母の愛"という形の一つとして、つい気になってしまっての大人買いによる読書に悔いはなかった。


一生懸命打ったという頑張りと、やっぱり子どもが心配という気遣いが感じられることに、変わりはないいし、ありがたいものだから。

第4弾、発売されるかなあ。

2015-05-07 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます