山形県産 さくらんぼ 佐藤錦 竹城青果 時期 収獲 6月 発送 7月 - 果てしなき空に向かって

自由形式

山形県産 さくらんぼ 佐藤錦 竹城青果 時期 収獲 6月 発送 7月




山形県産 さくらんぼ 佐藤錦 竹城青果 時期 収獲 6月 発送 7月

やはり、このさくらんぼが一番。


たしか、2年前の今頃からかなあ、隣近所へのおすそ分け用に購入して...。


【山形県産 露地栽培さくらんぼ「佐藤錦 」 秀品 M 1箱 1.0kg(500gX2パック)】

【山形県産 露地栽培さくらんぼ「佐藤錦 」 秀品 M 1箱 700g(350gX2パック)】


小粒だけど本当に美味しかった。

甘味と酸味のバランスが絶妙で...。


ただ、収穫してから2,3日程度が、賞味期限としての暗黙の了解であること。

常温保存の上、冷水にすぐ通して軽く冷やして食べる方法が、一番美味しいこと。

忘れないようにしたい。


味わうことに、ふと思った。

山形空港に近くて、山形新幹線の停車するJRさくらんぼ東根駅の「佐藤栄助翁と子供たち」の銅像を...。

何らかのお祭りでもあったら、行ってみたいなあ。



「佐藤錦」をさかのぼれば、1908(明治41)年からか...。

株投資の失敗から家業の醤油醸造を廃業した東根町三日町生まれの佐藤栄助氏が、中心部から南方に移り住み、森林を切り拓いて果樹園経営を始めることになって...。

明治の初めより、政府が欧米から輸入した「桜桃(おうとう)」を全国20県に配布して栽培を試みるも、収穫期が梅雨と重なるゆえに、収穫後の日持ちの悪さと出荷の途中での痛みなど、問題の多い品種だったらしく...。


それでも山形県は、気候的に本来は4月から5月上旬の遅霜が軽く、6月から7月上旬が比較的湿気と雨の少ないゆえ望ましいとされていて、全国でわずかながらに栽培される数少ない適作地。

新しい品種をつくるために苗木数種を買い取って自分の果樹園に植栽した栄助氏は、当時開通したばかりの鉄道輸送で関東方面への出荷を意識して、甘いが果肉の柔らかく保存の利かない「黄玉(きだま)」と、酸味は多いが果肉は固く日持ちのいい「ナポレオン」を交配。

できた実を発芽させて苗木をつくり、その中から葉の大きい質の良さそうな苗だけを選抜して移植、1912(大正元)年頃に質の良さそうな20本をさらに選抜。

根気よく手間をかけて育成試験を繰り返して10年後の1922(大正11)年、「風味も食味も日持ちも良くて、育てやすい」夢の新品種の育成に成功。 さらに、良きものを選抜して最終的に1本に絞って原木に決定。


1928(昭和3)年、この時まで栄助氏を支えてきた現・天香園初代・岡田東作氏により、優れた新品種の将来性を見込んで「佐藤錦」と命名、世に広まることに...。


やがて、長きにわたる紆余曲折を経て、「佐藤錦」は"赤いルビー"の異名を持ち、山形県東根市は日本一の生産地に...。



ただ、出荷に至るまでには、いろいろあるもので...。

さくらんぼの栽培ともなれば、気象条件の難しさなどを含めて、手間が驚くほどかかってしまうもの。


いかに昔ながらの露地栽培であれ、収穫前の降雨ゆえの果実の水分吸収と裂果を防ぐために、樹または園地全体に雨避けの屋根をかける雨避けテント栽培によるものに...。

特に、栽培の歴史の古い果樹で、巨木化しやすい桜桃(おうとう)を放置して育てると、5,6年にて7mから10mまでの高さになるという。


花が咲き実をつき始めるのは、4年目。 その年の2月から3月頃には、高品質な果実を安定して生産するために、余分な芽の摘み取りと剪定。


4月上旬頃からは余分な蕾を落とす摘芽。 大粒で甘味のあるさくらんぼとして生育させるために、晩霜(おそじも)被害を防ぐためにも、夜通し火を焚き暖をとる作業を下旬まで。


4月下旬から5月上旬にかけての春の暖かい日の光に誘われて、さくらんぼ開花。 自然の風、マメコバチとミツバチなどの訪花昆虫による受粉と、ダチョウの毛で作られた毛ばたきによる人工授粉。


5月中旬から下旬にかけて、満開から2週間過ぎたあたりから幼果とよばれる実のつき始めとなり、小さい実が大きくならずに落ちる反面、残った強い実が立派な赤いさくらんぼに。

そして、果実一つに配分される養分の減少と品質の低下を防ぐために、余分な果実を摘み取り花そう内の果実を2,3個にする摘果が...。


5月下旬から6月上旬にかけては、実を赤く色づかせて肥大させるために、日陰をつくる余分な葉を摘み取る葉摘、樹の下の銀色の反射シートの設置が...。

ほどなく、6月中旬からの収穫、7月上旬からの出荷へ...。



いずれにせよ、前年の今頃のこともあるし、露地栽培で梅雨特有の長雨をうまく凌いでの収穫となれば、予約は早いうちがいいや。

それさえ早くすませれば、あとは美味しいさくらんぼの届くのを待つだけに...。

生産者による朝採りののち、1箱いっぱいに入れた新鮮冷蔵便での直送。 すなわち、収穫日の翌日に全国に向けての配送による安心保障は、心から嬉しいもの。


ただ、この時期における初めての夏日は、毎年のように早まっているかのよう。



余談ながら、ここ数年の間といえば、5月上旬の母の日と、6月下旬の父の日、といった贈りものにふさわしくなりつつあるけど...。

やはり6月中旬からの収穫で、7月上旬からの出荷となる、日本一の生産地とされる山形県東根市の「佐藤錦」が一番...。


隣近所の人たちを招いてのおすそ分け、この年も楽しみだ。

ささやかな一粒ながらも、宝石のような美味しさが、永遠のものであることを祈って...。

2015-05-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。