ナイルパーチの女子会 柚木麻子 感想 - 果てしなき空に向かって

自由形式

ナイルパーチの女子会 柚木麻子 感想


ナイルパーチの女子会 柚木麻子 感想

3月28日土曜日に文藝春秋より発売。


毎年恒例の年度末の忙しさに一区切りついたことあって、つい先日に書店で購入したばかり。

しかしながら、御題が御題なだけに、つい衝動買いしてしまった代償の大きさからか、さすがに悶々とさせられてしまった。


年度末における物量や決算の立て込む時期の発売が、すべてを暗示させている???

すなわち、心に余裕がなければ、否応なく殺伐としてしまうものだから、悲しくなってしまいそうな光景が、物語に反映されているかのようだった。


ナイルパーチ。

生き抜くために在来の生態系を破壊しつ尽くそうとする凶暴な魚、いわゆる外来魚。


そのナイルーパーチに見立てた、長きにわたる女性同士の関係にまつわる波瀾万丈(?)な物語にて...。


志村栄利子は、丸の内の大手商社に勤める30歳のやり手のキャリアウーマン。

実家から早朝出勤をし、日々ハードな仕事に勤しむ日々にあって、密やかな楽しみは、同い年の人気主婦ブログ『おひょうのダメ奥さん日記』を読むこと。

決して焦らない「おひょう」独特の価値観と切り口で記される文章には、いつも癒されていている日々...。


"おひょう"こと丸尾翔子の日常は、スーパーの店長の夫との気ままな二人暮らし。

しかしながら、その反面、かつて家族を捨て出て行った母親と、実家で傲慢なほど「自分からは何もしない」でいる父親について、深いわだかまりを内心引きっていて...。


そして、これまで近所に住んでいたことを互いに知らなかった栄利子と翔子が、とあるカフェにて運命的な出逢いをすることに...。

早々より、同性の友達がいないという共通のコンプレックスもあって、二人は急接近。

しかしながら、せっかくめぐり逢えたのに、以後の展開が悲しいもの。

ブロガーと愛読者との間柄から理想の友人関係への始まり、と自身も喜んでいただけに、切なくて切なくて...。

翔子が数日間ブログの更新をしなかったことが原因で、二人の関係は思わぬ方向へ転がり込んでしまうとは...。

特に、栄利子が翔子を友達にするべく凄まじいまでの執拗さ、痛すぎる。



やはり怖い...。

何でも解り合える親友とか、一番の仲良しとか、中学生の感覚のまま、大人になってるかのよう...。


学生時代であれ社会生活であれ、誰でも無意識のうちに、自分は親友とか一番とか、友達にランクや順位を付けてしまう。

何をするか、何処へ行くかで、複数のグループと交流して、気まぐれな誘いに応じて、付き合い続けてくれてる友達がいたとしても、笑顔の裏には友情を"ナイルパーチ"に例えてしまう残酷さを秘めているもの。

人間の悲しい性なんだろうか、やりきれないや。



いずれにせよ、想うことを自分に都合の良いように行動するのは、お恥ずかしながら誰もが憧れてしまうもの。

しかしながら、本当に行動できるかとなれば、人に"理性"があるゆえに、できないことの多いのが実情で...。

一歩間違うと"犯罪"になりかねない御時世ゆえに、将来にわたる警鐘の一つなのかもしれない。


友達を上手く作ることが出来ない女性の話ばかりではない。

同僚、夫婦、親子など、それぞれの関係を築くことの難しさも描いているから、考えさせられてしまう。


遠い昔であれ、現代であれ、人間の内側に無意識のうちに秘めているとされる、一つの生態系を壊してしまう程の狂暴性を持つ要注意外来生物・ナイルパーチ...。

いかしにして折り合いをつけるのかが、肝心要ということなもかもしれないや。



これからは、一日を終えることに、その日の人との関わりを、静かに振り返ってみようっと。

心から解かり合える人たちとともに生き抜く関わり合いが、少しずつ増えて、広く深く浸透すること、祈りたいなあ。

2015-04-19 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます