群ようこ おすすめ ゆるい生活 朝日新聞出版 - 果てしなき空に向かって

自由形式

群ようこ おすすめ ゆるい生活 朝日新聞出版


群ようこ おすすめ ゆるい生活 朝日新聞出版

やはり、エッセイスト・林真理子は後進に大きく影響を与えたんだなあ。

後年に1年後輩であることを知った、日本大学藝術学部文芸学科卒業生のエッセイスト・群ようこにすれば、大きな励みに...。


その仕事ぶりとしての原動力(?)は、さかのぼること幼少からの悲しい生い立ちに???

売れない絵描きの父と家計を担う母との不仲から家に帰りたくないために、学校の図書室で下校時間ぎりぎりまで本を読むようになった蓄積の大きさからか...。



やがてエッセイストとなり、林真理子同様、実社会で生き抜く多くの女性たちを温かく勇気づけてくれるのは、嬉しいこと。

その嬉しさのまま、2015(平成27)年1月20日火曜日、朝日新聞出版より『ゆるい生活』が発売。

しかも、暦の上では大寒。

それを意識した上での発売かどうかは定かではないものの、さすがに群ようこならではの実体験なだけに奥が深いや。


何の前触れもなしに、めまいに振り回される日々が続いたことで、これはまずいと駆けこんだ漢方薬局での関わりから始まって、以後の著者自身のココロとカラダを少しずつ改善していく一連の様子...。

これまでにありがちな「〜すれば治る」本と違い、じっくり、ゆっくり治っていく過程から、目が離せなくて...。

冷え、水分、甘み、余分なものすべてを身体から抜きとっていく日々の暮らしは、約6年間...。

丁寧に綴った実録エッセイだけに、ついつい魅入ってしまった。

あくまで自然に、押しつけがましくないところが、嬉しかったのかなあ。


とにかく、健康おたく、活字好き、小説好きな自分としては、非常に充実した読書時間かつ健康情報を提供してくれて、大きな収穫になって何より。



悲しいかな、人間は誰でも年齢を重ねると、無意識のうちに身体能力の衰えというものを、否応なく実感させられてしまうもの。

かねてから体調には気をつけていたつもりなのに、ある日突然、とても立ってはいられないような強烈なめまいに襲われてしまうともなれば、何ともやりきれなくなってしまうものに...。

その思いが残らないためにも、時折の気分転換の一つとして、目を通して実践してみようか。


特に、東洋医学に基づいたその治療方針は、食事や生活習慣にも密着するという。

ここ最近の母の健康上のこともあるから、勧めてみようかなあ。

2015-03-10 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます