はあちゅう 半径5メートルの野望 講談社 感想 - 果てしなき空に向かって

自由形式

はあちゅう 半径5メートルの野望 講談社 感想


はあちゅう 半径5メートルの野望 講談社 感想

発売日は、2015(平成27)年1月9日金曜日。


大学一年生当時の18歳で「カリスマブロガー」と呼ばれるようになってから10年か...。

この時28歳女子の本気論...。

すなわち、自らをセルフプロデュースすることで、生きながらにして生まれ変わることが出来るという近未来へ向けての指南書とでも???


それにふさわしい(?)とでもいうのか、読み始め早々より、棘のある言葉の多さに辟易しかけてしまった。

愚痴ばっかりだし、かなり上から目線だし、結構きついことも書いてあったものだから、気に入らないなって思ってしまうだけ...。

何よりも、ブログにも書けなかったとして、発売された本著には、感情に比重を占める女性は不利な立場に追いやられがち(?)な時勢と、「ゆとり・さとり世代」と呼ばれる野望のない同世代への反発からなのか、「野心がある」と口にしてはばからない。

例えば、「ありのままの自分で勝負しようなんて思う人はどうかしています」とか...。

ほかには、「頑張りたくても頑張れない」と言っている人は、しょせん「頑張れない人生で終わってしまう」との断言、さすがに心に突き刺さってしまうもので...。


それでも、自分のためにと思ってあえて読んでみると、後半はなんか共感できたり納得できたりすることが多く実感できるまでになるとは、まさに不可思議。

「世の中にあふれかえったものの中から"選んだもの"と"選んだ理由"にそれまでの私の生き方が投影されている」

「"悩む"ではなく"考える"という単語を使うようにすればそれだけでもきっと人生は変わるはず」

これは大きいや。


頑張っていない人の言い訳を断つには、必要か...。

年頃の姪っ子にも勧めてみようかなあ。


というのも、日々の仕事先でのこと、男女平等が謳われて女性の社会進出が本格的に始まって久しいものの、好む好まざる関係なしに、理性に比重を占める男性の優位は概ね変わらないものなのだろうか? といった悶々とした気持ちに苛まれて...。

それが尾を引いたまま、何気に書店に立ち寄ったところ、偶然目にすることになって、タイトルに惹かれてそのまま購入することになって...。


いずれにせよ、特別なスキルがなくても、コネがなくても、強い意志がなくても、まずは小さな夢に焦点をあてること。

そして、その成功体験を次につなげることで、自分の半径5メートルがどんどん広がっていくこと。


その繰り返しで、「なりたい自分」と「思い通りの生活」はきっと手に入ると断言するまでのいきさつは、まさに実体験だけあってスゴイや。



ここ最近の御時世には必要なのかなあ。

夢や野望を持つには勇気がなさすぎる(?)、ゆとりさとり世代のための本として...。


考えさせられてしまった。

2015-03-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます