能登 牡蠣 エキス 川端の牡蠣エキス - 果てしなき空に向かって

自由形式

能登 牡蠣 エキス 川端の牡蠣エキス


能登 牡蠣 エキス 川端の牡蠣エキス

毎年1月から2月にかけて収穫されることになる、あの北陸能登産の新鮮な生ガキは、水温が低く貝毒が発生する恐れの非常に少ない海での育ちとのこと。

なお、全国へ出荷の際には、殻付きやむき身の状態とか...。


【川端の牡蠣エキス(原液) 60g】

もちろん、美味しくて品質の高い牡蠣の養分ををまるごと濃縮し、一切の混ぜ物や添加物なしのカキエキス100%。

特に、いかに栄養価が高いとわかっていながらも、牡蠣のいくらか苦手な友人(何が原因で苦手になったりするんだろうか?)には、かなりのオススメになりそう...。


保管場所は、直射日光や湿気の多いところを避けた涼しい所...。

通常は、1日に1、2回の飲用。

目安としては、添付のヘラに3g程度(大豆粒にして2粒程度)のせて、水に溶かして飲むだけ。


実際に試してみたところ、たしかに精力つく。


やはり、牡蠣エキスに含まれるタウリンの効果は大きいものなんだろうなあ。

いわゆるアミノ酸の一種として、疲労時の体力回復や気力回復にも有効であることはもちろん...。

肝臓の代謝機能の改善、高・低血圧の正常化、血栓の予防、心臓の興奮の鎮静化、体内の老廃物や有害物質の分解のほかにも、肝臓病や脳梗塞、心筋梗塞などの予防と改善にも有効とのこと。

まさに、あらゆる効用か...。


これからの日々の仕事のためにも、長く愛用することになりそうになるのみならず、高齢の度合いの深まりつつある(失礼???)両親にも、オススメしようかなあ。



余談ながら、2015(平成27)年3月14日土曜日、北陸新幹線が金沢まで開業...。


それに伴う地元特産品への注目ともなれば、【川端の牡蠣エキス(原液) 60g】も、なり得るのかもしれない???

タグキーワード
2015-02-17 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます