点をつなぐ 加藤千恵 角川春樹事務所 あらすじ 感想 - 果てしなき空に向かって

自由形式

点をつなぐ 加藤千恵 角川春樹事務所 あらすじ 感想


点をつなぐ 加藤千恵 角川春樹事務所 あらすじ 感想

2015(平成27)年1月15日木曜日は発売されて以来、勢いで読み終えながらも、ついつい繰り返し読んでしまって...。


今までに選んできた進路や恋愛、仕事は正解なのか、といった悩み惑う女性の心情が巧妙に描かれていて、読みやすかったことが、大きかったんだろうなあ。

女性の社会進出が叫ばれ、男女雇用機会均等法が施行されて久しいこのご時世、これが28歳前後の女性のありのままなんだろうなあと、ついつい気になってしまった。

長期化する経済不安もある以上、昔ながらの「男は外、女は内」では成り立たない時代となっただけに、互いに良き方向へと補い合う方法はなかったのか、と。



この物語の主人公は、コンビニチェーンでスイーツの商品開発に携わっている28歳の女性・滝口みのり。

この時までの人生、大きなヒット商品を出したことのないまま、仕事に邁進するばかり。

そして、この年の年末、慌ただしい仕事を乗り切って、しばらくぶりに帰省。

しかし、父母や地元の友人たちとの会話には、東京との距離感が大きすぎて...。

というのも、盛り上がる話題といえば、結婚のことやマイホームそして育児の悩みなどが、大部分。

みのりからすれば、数年前から恋人と別れて以来、虚しい日々のままだったことあって、共通の話題を探そうとすればするほど、自分だけが部外者のような気持ちにさいなまれてしまって...。

学生の頃は、同じ教室で同じ話題で同じように笑ってきたのに、どうしてこれだけ違ってしまったのか、と...。


たしかにやるせなくて、切ないや。

さすが、過去の短篇集で多くの人が経験している「虚しさ」「淋しさ」などを中心に描いてきただけあって、読み応えは充分だった。


これまでの作風といえば、過去の短篇集では幸せには終わらないことの多い展開が大部分。

それゆえに、この度の発売の知らせを耳にしたときには、失礼ながら長篇としては通用しないのかなあ、といった思いだった。

しかし、見事に裏切られて爽快だった。

せめて希望を実感させてくれる終わり方となって、感服するばかりだった。


みのりの心をスケッチのように描きつつ、しかも長篇として見事な作品に仕上げているのが、素晴らしかった。



特に、物語の鍵となる、幼少の頃の「点つなぎ」という遊び...。

番号がふられた点を1・2・3と正しい順番にペンでつないでいくと、紙の中に"ある形"が浮かび上がるというもの。


幼少の頃はただのお遊びでも、表面的にも年齢を重ねる反面、年齢なりの自覚の持てずに焦る気持ちの強まってしまうものなんだろうなあ。

さまざまなものを選び選ばないで生きてきた日々とあって、人生の選択をするかのような気持ちに駆り立てられてしまう衝動、決して解からないわけではない。



まさに、人生に悩んだり、迷ったりしている時にこそ、希望を与えてくれる最高の長篇。


「小さい頃は、渡された紙に描かれた点に従って、ただそのまま線を引くだけだった。でも今は、好きなところに点を打ち、好きなようにつなげて行ける。その分、責任だって大きいし、大変なこともたくさんあるけれど、でも、なんて尊くてすごいことなんだろう」


みのりの言葉が、日々を懸命に生き抜く多くの女性たちに浸透して、より良い世の中になること、祈りたいなあ。

2015-02-01 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます