スムージー 人気 グリーン ベリーバナナ アサイー マンゴー - 果てしなき空に向かって

自由形式

スムージー 人気 グリーン ベリーバナナ アサイー マンゴー


スムージー 人気 グリーン ベリーバナナ アサイー マンゴー

なかなかのものだ。

"美と健康のレシピ"をモットーとする、『LIKE DRINKER』のスムーシーか...。


【グリーンスムージー&アサイースムージー】には、「選べる2タイプ」と「今なら2袋購入で1袋オマケ(専用シェイカー付)」と謳っているものだから、つい贅沢したくなってしまった。

「グリーンスムージープラスマンゴー味」と「アサイースムージープラスベリーバナナ味」どちらも購入して味わってみたところ、生の葉野菜はもちろんフルーツも含めて230種類以上もあって、なかなかの美味しさ。


特に、当初気になった「グリーンスムージープラスマンゴー味」は、名の通りマンゴーの甘い香り。牛乳で割って飲んでいる以上、全然青臭さがなくておいしいし...。


そして、「アサイースムージー」は、海外のセレブ・モデルから美容食として大注目か...。

女性として磨きをかけるのに余念のない姪っ子にも勧めてみたくなった。


酵素、ミネラル、ビタミン、Lカルニチン、食物繊維。

この必要最低限の要素さえあれば、大丈夫か...。

もちろん、行き過ぎたダイエットが厳禁であることを前提として...。



スムージー(英語:Smoothie)か...。

凍らせた果物、又は野菜等を使った、シャーベット状の飲み物。
クラッシュドアイス(砕いた氷)を使用したフローズンドリンクやフローズンカクテル、アイスクリームと牛乳で作るシェイクなどにも似ている飲み物。


作り方としては...。

@細かく切った果物や野菜等を冷凍庫の中に入れ凍らせる。
A凍った材料を牛乳やヨーグルト、アイスクリーム、氷等と一緒に、ミキサーに入れる。
(甘くしたければ蜂蜜やガムシロップなどを入れる)
Bミキサーを使い、かき混ぜれば完成。口の広いグラスに注ぎ、好みでフルーツなどを添える。


たしか、学生時代の夏の暑い盛りの頃だった。

野外キャンプで集まった時に、仲間と美味しく分かち合った時のこと、つい思い出してしまった。



今やすっかり、袋に入った粉末を溶かして飲めるようになったとは...。

1日のうち1食、おもに朝食か昼食か夜食の代わりにふさわしいだろうなあ。


特に、寒い日々の中ともなれば、「ホットスムージー」として作ると、なかなかのもの。

@小さじ2,3杯程度(約150mlから200mlまで)の水や牛乳などをグラスに入れる。
Aそこに付属のスプーン2杯分の"スムージープラス"を入れ、30秒ほど粉をつぶすようにして混ぜ合わせる。
B最後に、お湯や温めた牛乳などを入れて、よく混ぜれば、できあがり。

多少のダマが残ったとしても、約1分ほど過ぎれば、自然と溶けてしまう。

カロリーを抑えつつ温めてくれるから、ありがたいや。


1袋につき、たっぷり210gで、合計35杯分。

さらに、「今なら2袋購入で1袋オマケ」となれば、合計105杯分。

いずれも税込1,980円。

たしかに、自家製やカフェでのスムージーの注文の場合、1杯約500円になるのに比べれば、安いもので、1杯当たり56.6円(1杯あたり6g=35杯分)。



ちょうどこの時は、いわゆる冬太りの心配な時期。


暖房を極力使わずに、重ね着で寒さを凌いだつもりでも、その分だけ温かいものを食べたくなるもので、知らず知らずのうちに量が多くなってしまうものだから...。

正月休み以来、久方ぶりに再会して、中年太りへの懸念ゆえダイエットに余念がない友人から勧められたのは、幸いだった。

2015-01-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。