カニ 越前かに ズワイガニ ますよね 若狭のさかな屋さん - 果てしなき空に向かって

自由形式

カニ 越前かに ズワイガニ ますよね 若狭のさかな屋さん




カニ 越前かに ズワイガニ ますよね 若狭のさかな屋さん

今年2014(平成26)年の年の瀬も、同じように身も心も温まることできるかなあ。


『こだわりのボイルズワイガニ3kg前後』は、600g5尾による配送で、合計5-7人前。

厳選を経ての、"越前仕立て"による茹でと塩分濃度と凍結の度合いによって、カニの旨味を充分に引き出してくれて、ありがたかった。

特に、蟹味噌までたっぷりと味わえたのは、最高。



『カット済みズワイガニ1.2kg』も最高だった。

鍋で3,4人前、1.2kgのカニだけで2人前...。

食べにくいカニを誰でも美味しく食べやすくするために、かねてから食べる部分の多かったカニ足のみならず、肩肉や爪まで丸ごと一匹味わえるように、身を取り出しやすくした独自のカット技術は、楽に食べられて、大いにありがたかった。

しかも、あえて殻を残すことで、焼き蟹の場合は鉄板に身のつくことなくキレイに焼き上がり、蟹鍋の場合はダシが充分に染み出るのみならず、最後のお楽しみの雑炊としても味噌汁としても、美味しく味わえて極上、というのは大袈裟か???

先のボイルズワイガニ同様、家庭用冷凍庫の保存期限は1ヶ月...。

解凍後の生のままの放置による黒変(害はないのは何より)に注意し、焼き蟹や蟹鍋にすれば、より美味しく召し上がれるというのか...。



年末年始に限らず、ありとあらゆる節目節目となれば、いろいろな心尽くしの贈りものをしてあげたいものと同時に、じっくりと味わってみたくなるもの。

特に、越前かにの美味しさは格別と、友人から耳にしていたことあって、取り寄せてみたいと思ったのが、何よりだった。


そこで注目することとなったのが、"若狭のさかな屋さん"こと「越前かに問屋ますよね」。

蟹や海の幸には"人を幸せにする力がある"という言い伝えが、最大の決め手だったなあ。

その甲斐あって、仲間を集めての御馳走は、本当に美味しくて身体の温まって、嬉しいやらで...。



これからも節目節目のめぐる度に、身も心も大いに温まりたいなあ。

同じように身も心も温まる人たちが、より増えることも、大いに祈りたいなあ。


ただ、石川県水産総合センターの見方では、富山県以西の日本海のズワイガニの資源量は減少傾向にあるとのこと。

石川県内の漁業団体が漁期の短縮など資源保護に取り組んでおり、このため4〜6歳の群れが増えているという。

漁獲対象となる9歳に育つ3年後の2017(平成29)年には、漁獲量がさらに増加する見込みか...。



それまでの間に、幸運にも味わえることを信じて...。

タグキーワード
2014-11-23 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます