ヤモリ、カエル、シジミチョウ 朝日新聞出版 江國香織 感想 - 果てしなき空に向かって

自由形式

ヤモリ、カエル、シジミチョウ 朝日新聞出版 江國香織 感想


ヤモリ、カエル、シジミチョウ 朝日新聞出版 江國香織 感想

発売日は11月7日金曜日。

江國香織の最新刊として、朝日新聞出版より刊行。


折しもその発売日には、たまたま遊びに行った友人の子育に付き合った後ということあって、帰りに寄り道した書店で目にするなり購入、急いで読み終えることに...。

かなり癖のある物語だということは本を開いた瞬間に解かってしまった。


読み終えて強く実感することは、どこかで区切りを付けて前へ進まなければなければならない時がくる、ということなんだろうなあ。

それは本人の自覚次第。

言葉・知識・知恵・技術においての習熟の速さの遅さの度合いのあれ、人間は段階とともに成長するものだから。



肝心の物語を振り返ってみると、まさに不可思議な世界観、とでもいうのかなあ。


危ういバランスにある家族において...。


ためらいなく恋人との時間を優先させる父。

その帰りを思い煩いながら待ちつづける母。

両親の狭間で内心葛藤しつつも、内向きな弟を懸命に庇護しようとする姉・育実。

その弟とは、5歳ゆえか言葉の発達の遅さのために、周囲と同じようには溶け込めない反面、虫と話ができる幼稚園児の拓人。


拓人が両親と姉・育実以上に近しさを覚えるのは、ヤモリやカエルといった小さな生き物たち。

彼らは言葉を発さなくとも、拓人と意思の疎通ができる世界の住人。

それだけに、観察力の鋭さと感受性の豊かさが、虫の発する音とか気配のようなものへの文字化...。

実験的とも言えそうで...。

野山を駆け回った子どもの頃を思い出させてくれて、嬉しかった。


特に、近隣の自然とふれあいが、拓人だけの特別な世界であるかのようにゆるやかに成長させてくれて、やや冷えそうな心を温め直してくれるかのようだった。


いずれにせよ、拓人の描写のみ全部ひらがなとカタカナでの表記、なぜか温かみあったなあ。

そして、終盤において普通の文字表記...。

拓人の少しずつの成長と反比例して、小さな生き物と話せる能力が薄らいだかのようで、言いようのない寂しさが....。

これこそが"大人への通過儀礼"ということかもしれない。


そして、終盤における5行において、拓人と育実が成人して...。

回想後、物語は完結。


その終盤に近づくことに、家族をはじめ、近くに住まう大人たちの事情にも比重が置かれることになって...。

しかも、恋人との浮気に身を任せる父と、許さないながらも心の奥底で愛する母、といった決して穏やかではいられない日常...。

そんな大人の身勝手に翻弄される中でも、拓人の発するほんの短い間だけ持つ魔法のような力の輝き、大人の心をいくらか動かしたことは、せめてもの救い...。


しかしながら、その後の二人が、どのように成長していったのか、家庭問題は解決したのか、どうかさえも書かれていないままで...。

となれば、続編やスピンオフらしき物語でもあるのかもしれないや。



好む好まざる関係なしに、否応なく実感させられる"大人への通過儀礼"か...。

考えさせられる。

2014-11-16 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます