塩イクラ 醤油イクラ 北海道産 最高級 いくら丼 - 果てしなき空に向かって

自由形式

塩イクラ 醤油イクラ 北海道産 最高級 いくら丼




塩イクラ 醤油イクラ 北海道産 最高級 いくら丼

この極上の贅沢は、釧路の和商市場で勝手丼を思う存分堪能できて以来、10年ぶりかなあ。


前年にじっくりと堪能した『塩いくら 3特クラス 400g』と『こだわりのイクラ醤油漬け400g』...。

ともに、200gを2パック分、丼に換算して約5杯分、すなわち合計がそれぞれ400g...。


塩イクラであれ醤油イクラであれ、丼として味わうには、まさに最高級の贅沢だった。

丼の上に隙間なく敷き詰められる贅沢に加えて、その下にはほぐした焼き鮭を敷き詰めるとなれば、なおさらのことで...。



振り返ってみれば、イクラが手元に届くまでは、まさに長い道のりで...。

北海道での8月後半から9月初めにかけての恒例の秋鮭漁の解禁から始まって、10月くらいになると卵が成熟してきて、イクラに適した状態に...。

11月頃になるとさらに卵は成熟し、粒がさらに大きくなってイクラになって...。


一番望ましい成熟卵のイクラは、皮が薄くて食感も良いもの。

表面に柔らかいツヤがあり張りがあり、鮮やかな色で粒のはっきりとしているもの。


未熟すぎると、皮が軟らかく破れやすい。

逆に、完熟しすぎると、粒の大きい反面、皮が厚く張りのあるために、食感の悪さから美味しくない。


それゆえに、最高級で最高品質である、高級寿司の料亭に出されるにふさわしい、特マーク3つの通称"3特クラス"に値する高い栄養素に仕立て上げる熟練の技には、心から敬服。

特に、頭の良くなる脂肪酸として一挙注目を浴びているDHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含んでいるのが、嬉しいや。 記憶力向上かなあ。

ほかには、カルシウム、リン、鉄、ビタミンA、B1、B2なども豊富で、老化を防ぐといわれているレシチンも含まれているし....。



いずれにせよ、年の瀬における最高級の御褒美は末永く堪能したいもの。


年の瀬の仕事に向けてならば、精力をつけてくれるかのような、ありがたさが....。


自分のためのみならず、前年に勧めてくれた親戚の人たちにも、お歳暮として贈ろうかなあ。

タグキーワード
2014-11-11 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます