川村元気 作品 億男 あらすじ 感想 - 果てしなき空に向かって

自由形式

川村元気 作品 億男 あらすじ 感想




川村元気 作品 億男 あらすじ 感想

10月15日水曜日に発売...。

BRUTUS誌に連載された小説第二作『億男』(マガジンハウス)が...。



かの物語の主人公は、ごく平凡な図書館司書の一男。

弟の借金2000万円を肩代わりし、妻や娘とも別居。 昼も夜も働きながら養育費と借金返済に人生を費やし、月に一度だけ娘と会うことが許されている身の上にあって...。


そんなある日のこと、思いもかけずに宝くじで3億円を当てることに。

しかし、喜びに浮かれるのも束の間、不安に襲われてしまう。


やむなく一男は「お金と幸せの答え」を求めて大富豪となった親友・九十九のもとを15年ぶりに訪ねたが、何とホームレスに凋落しており...。

しかも、「お金と幸せの答えを教えてあげよう」と言わんばかりに、九十九は一男の持参した3億円を持ち逃げして失踪してしまって。


一男は、方々を奔走する中で、自身の「お金と幸せの答え」と九十九が抱える秘密とを模索。

その過程で、ソクラテス、ドストエフスキー、アダム・スミス、チャップリン、福沢諭吉、ジョン・ロックフェラー、ドナルド・トランプ、ビル・ゲイツなど、数々の偉人たちの言葉に触れることとなり、30日間にわたるお金の冒険を繰り広げて...。



率直な印象としては、お金の稼ぎ方ではなく、人生そのもの、と言っても過言じゃない。

そして、「お金をいかに使い、いかに生きるのか」という考察本、と断言するのは大袈裟か???


たしかに書店へ足を運んでも、お金儲けのノウハウ本、貯蓄や投資やFXなどの実践本は並んでいる反面、「お金」の本当の意味を考察する本は見つからないもので...。

それゆえに、本書はとても深いことを考えさせてくれる。


同時に、「家族の崩壊と再生」の物語もサイドストーリーとして描かれていて、なかなか一筋縄ではいかない小説。

各章ごとに起こる不意打ちに何度も心を揺さぶられたのはもちろん、わずかながらの光の射すことになるラストシーンには、不覚にも泣かされてしまった。


お金儲け話ではなく、友情や家族愛の物語として読むのが、心地良い感動を与えてくれる名作として、後世に語り継がれることになるのかもしれないや。

何よりも先の2012(平成24)年10月25日木曜日に発売の『世界から猫が消えたなら』(マガジンハウス)同様、小気味よいテンポが快感で、あっという間に一気読みできる爽快感が、嬉しいや。



余談ながら、川村元気としては、先の『世界から猫が消えたなら』が2013(平成25)年の本屋大賞にノミネートされたことで、再出発(?)したかのような勢いあってのことなのか、翌年2015(平成27)年春には永井聡監督作品として佐藤健と宮アあおいの初共演作品として、映画の公開が決定されて..。


もしかして、その前哨戦(?)ともなる作品になるとでも???

いや、かなり大袈裟か???


いずれにせよ、ますます上り調子になること、間違いないや。

2014-10-27 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

インフォメーション1

  • 横幅468pxまでの画像バナーが貼りつけ可能
kaetenx

インフォメーション2

  • テスト1
  • テスト2
  • テスト3

インフォメーション3

  1. テスト1
  2. テスト2
  3. テスト3
Copyright © 果てしなき空に向かって All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます